ギタリストの部屋

Gibson Lespaul custom 

ギブソン・レスポールカスタム

2001年製造、メイプル・トップ&マホガニー・バックのボディー、エボニー指板、ナッシュビルタイプのブリッジ。カスタムショップなどのご大層なカスタムではないですが、こいつは半端なく鳴ります。

ブラックビューティーと呼ばれる、黒で統一されたモデル。指盤もローズウッドではなく、エボニー。

基本的にギターは黒がどうしても好きで、特にこのギブソンの黒は、たまらないオーラが漂っていてもうぞっこんです。

とにかく良く鳴る、鳴る、鳴る。弾いていると、肋骨にギターの振動が伝わってきて、アンプを通さない生音で、こんなにギターが振動するんだと感動する。

自分歴代のレスポールとしては5本目のレスポールだけれど、今まで弾いた全てのエレキの生音で、こんなに美しい音・・と感動したのはこのギターが初めてです。

真夜中にヘッドフォンで練習していても、ギターの胴鳴りが体に伝わってくるので、「え?まさか音出ちゃってるの?」と焦ることしばしば。笑

もちろん、アンプに乗せたときの、このレスポールの甘く野太いパワフルな音はどうやってもストラトでは出ない領域。

もちろん、それぞれの良さがあるのだけれど、このレスポールは本当に体との一体感が半端なくて、体の一部のように感じます。

あまりに好きすぎて、ベッドでもほぼ一緒に過ごすという1本。。笑

バンドマン現役時代に出会いたかった。

ハンバッカーのピックアップカバーを外すか、オリジナルのままか問題。下の写真は購入当時の、ピックアップカバーがついた状態の、この子です。

カバーを外すと見た目の変化以上に音が変わります。外すとクリーンの音(歪ませない音)の抜けがめちゃ良くなりますね。

レスポールはクリーンな音の時に、どうしてもこもった感じがして、カッティングとなるとやっぱりストラトの出番・・になることが多かったのですが、カバーを外すと、高温がそのままスコーンと抜けます。(レスポール特有の太さはありますが)

結局外した方が、曲ごとの使える幅が広がる感じで、外して使っています。

あと、音には関係ないですが、ボリューム・トーンのノブをレトロなハット型に替えました。これはご機嫌♪

スポンサードリンク